menu close
kinokawaを応援する

住いも甘いも紀の川市「Good for Kinokawa」

トップページ 読みもの 輸入雑貨とサウナの楽しめるキャンプ場の開設で垣内地域を盛り上げたい

読みもの Discover the good points
of Kinokawa city

輸入雑貨とサウナの楽しめるキャンプ場の開設で
垣内地域を盛り上げたい

輸入雑貨とサウナの楽しめるキャンプ場の開設で
垣内地域を盛り上げたい

梶川陽平 YOHEI KAZIKAWA

大阪府和泉市に生まれ、商社へ就職後は世界中を飛び回っていた梶川 陽平さん。世界各国の魅力的な雑貨を日本に広めるべく、シンガポール在住中に起業と移住を決意。お母さまが住んでいる大阪府和泉市へ1時間で行ける範囲で、事業の拠点となる古民家を探した。「わかやま地域課題解決型起業補助金」と「紀の川市移住支援金」制度を利用し、移住と起業、2つの側面から魅力を感じた紀の川市へと移住を決める。

くねくねと曲がる山道を、ひたすらに進んでいく。車道のすぐ下を流れる、美しい川のせせらぎが聞こえる。自然の中をしばらく行くと、開けた場所に集落が見えてきた。1番近いスーパーまで30分ほどかかる山中の地域「垣内(かいと)」。そんな垣内を盛り上げようと、輸入雑貨のお店とサウナ付きキャンプ場をオープンした梶川 陽平さんのもとを訪れた。

運命的な物件との出会いが
思わぬ事業拡大へ

商社マンとして、世界各国を飛び回っていた陽平さん。玩具やお皿など、自分がいいと思う世界中の雑貨を日本に広めるため、シンガポール在住中に起業の決意をした。古民家での生活に憧れがあったこともあり、物件探しを始めて出会ったのが、紀の川市の物件である。敷地には雑貨屋の店舗になりそうな建物、居住スペース、そして真国川の川べりにも土地がある。この土地の存在が、陽平さんの事業をさらに拡大させていくことになる。

「この土地を、垣内のために有効活用できないだろうか?」
そう考えた時に思いついたのが、目の前の美しい川を利用したフィンランド式サウナだった。サウナ付きのキャンプ場を作れば、若いキャンパーやサウナ好きなひとたちが、この集落を訪れるかもしれない。
輸入雑貨のお店を持つという目標は、いつの間にかさらに大規模な「輸入雑貨とフィンランド式サウナの楽しめる、キャンプ場の設立」へと変わっていったのだ。

決め手は「ひと」。
起業、移住にやさしい紀の川市

紀の川市への移住のきっかけは運命的な物件との出会いだった。しかし、移住の決め手は物件だけではない。「ひと」が大きく関わっていると陽平さんは言う。紀の川市で起業と移住を検討した時、感動したのは市役所職員の熱量だった。
「こんなことがしたい」といえば、該当する補助金を熱心に提案してくれる。他課が担当していれば、課を超えて人を繋いでくれたり、とにかくサポート体制が手厚かった。
「紀の川市が好きで、より良くしていきたい」そう考えている若手職員さんが目を輝かせている。そんな「ひと」の魅力が、紀の川市への移住の決め手となった。

すべてを自分の手で生みだす
垣内での暮らし

輸入雑貨店、サウナつきキャンプ場、家族との生活スペースまで、全てを自身の手で作っている陽平さん。決して便利とは言えない田舎での生活だが、毎日充実した日々を送っている。地域の方は皆あたたかく、野菜や果物は買う必要がないくらいたくさんのおすそ分けをいただく。自身の作り出すキャンプ場「Camp MoMo & Kite」が、そんなあたたかな垣内の人たちと、若者の架け橋になるような場になってほしいと陽平さんは願っている。

いずれは海外と2拠点に
垣内と世界を繋ぐ

「少し先の未来、垣内と海外を繋ぐようなこともしてみたいんです」
商社マンとして世界中を飛び回ってきた陽平さんらしい目標だ。世界の素晴らしいものを集めた雑貨店をするという当初の目標は、垣内の素晴らしいものを世界に発信するという夢へと変わっていった。人のあたたかさ、豊かな自然、そして自身の作り出すキャンプ場「Camp MoMo & Kite」。陽平さんの夢はまだ始まったばかりだが、一歩一歩、着実に前へと進んでいる。

Camp Momo & Kite

【住所】紀の川市桃山町垣内228-2
【営業日】月金土日
【営業時間】
チェックIN 15:00~         
チェックOUT 11:00
【WEBサイト】
https://momocamp.com/

教えて!センパイ!

きうぷる

起業を考える人へのアドバイスはなにぷる?

梶川さん

補助金やサポートだけに頼るのではなく、しっかりと自分のビジョンを持って取り組むことが大切だと思います!

きうぷる

紀の川市の1番の魅力はなにぷる?

梶川さん

「サポート」です。移住も、企業も、育児も、サポートがとても充実しています!

きうぷる

紀の川市を⼀⾔で表すとなにぷる?

梶川さん

ズバリ、『攻めた田舎』です!!!

起業を決意

シンガポール在住中に、起業を決意。その後、一度神奈川県へ移り住み、雑貨屋を始めるために移住地を本格的に探し始める。

物件探し、移住先決定

お母さまの住む大阪府和泉市から1時間で行ける距離で物件を探す。空き家バンクやネットで物件探しを行い、紀の川市の物件を見つける。内見後、正式に紀の川市への移住を決める。

補助金を申請

起業と移住を希望している旨を市役所の担当者に相談し、補助金についての説明を受ける。
申請後、審査の結果「わかやま地域課題解決型起業補助金」の採択者に選ばれる。

建築に関する学校へ通う

輸入雑貨店、サウナ付きキャンプ場の建設にむけ、職業訓練校で住環境リノベーションについて学ぶ。

  • わかやま地域課題解決型起業補助金

この記事を書いた人

ぷるるん課長

商社マンとして世界中を飛び回っていた陽平さん。全てを自身の手で作り上げたキャンプ場「Camp MoMo & Kite」の開業を成し遂げた彼の人生の旬は「常に今」だという。明るくユーモアがあり、人を自然と笑顔にできる陽平さんならば、垣内の人と、垣内を訪れた人との架け橋になることができるだろう。ゆくゆくは視野を広げ世界へと、垣内の魅力を伝えていってもらいたい。